こんな事件を解決

【離婚関連事件】

離婚(示談交渉)

 
 遠隔地に居住している夫との間の離婚協議の代理援助をしましたが、依頼者の満足できる額の解決金を受領することで、協議離婚が成立しました。

子の引渡し審判・保全処分申立事件(申立人側)

 
 子どもが他方の親と一緒に暮らしている状況のもと、子の引渡しの本案審判と保全処分の申立をした事案で、本案、保全処分とも、子の引き渡しの申立が認められ、無事、子どもの引き渡しを受けることがで
きました。
 

離婚(示談交渉)

 
 夫の親族の圧力が強くて、直接協議することができなかったケースで、代理人として、示談交渉をした結果、無事、ご本人の納得された条件で合意が成立し、協議離婚ができました。合意した内容は、公正証書にしました。
 

面会交流審判(相手方側)

 
 申立人(父)が直接的面会交流を強く希望したため、調停不成立となり、審判移行しましたが、当方側の主張が通り、審判では、直接的面会交流は認められず、写真を送る形での間接交流のみが認められました。

面会交流調停(相手方側)

元夫からの面会交流の調停申立てに対し、ご本人の譲歩できる範囲内で、調停が成立しました。

婚姻費用分担請求事件(申立人側)

相手方は婚姻費用を払わないと主張して、調停不成立になりましたが、審判で、申立人の満足できる額の婚姻費用の額が決められ、過去数か月分の婚姻費用の支払いを命じる審判がでました。

離婚調停(申立人側)

夫が離婚を希望せず、離婚自体が争点となっていましたが、依頼者ご本人(妻側)の希望どおり、離婚が成立し、親権者・監護者は母と決まりました。

離婚訴訟(原告側)

 
 夫のDVを理由に離婚訴訟を提起した事案で、夫は、当方のDVが離婚原因であるとの主張を否定し、親権も争ってきましたが、判決で、DVが離婚原因であることが認められ、200万円の慰謝料が認められたほか、無事、親権もとることができました。

離婚訴訟(原告側)

 
 妻が、婚姻関係の実体を欠くとして、離婚を求めたのに対し、夫は、離婚理由がないとして、離婚しないと強く主張した事案で、判決で、婚姻関係の破綻が認められ、離婚及び親権をとることができました。
 

離婚訴訟(原告側)

 
 夫のDVが原因で離婚訴訟を提起した事案で、夫は、頻繁に暴力をふるったことはないと反論しましたが、判決では、破綻の原因はもっぱら被告にあると認められ、その結果、150万円の慰謝料が認められたほか、財産分与も認められました。

離婚訴訟(原告側)

親権が争点となった事案で、夫は妻の病気等を理由に親権者としての適格性がないと主張しましたが、種々の書証を提出して、親権者としての適格性を主張した結果、無事、親権をとることができました。

離婚訴訟(原告側)

夫側が親権を争った事案で、依頼者側が求めたとおり、親権は母、相当額の養育費の支払いを命じる判決が出て、確定しました。 

【相続関連事件】

遺産分割調停(申立人側)

依頼者は、相手方との接触を希望されなかったため、全回、弁護士のみが調停に出席し、最終的に、ご本人の希望どおり、代償金を取得する形で、遺産分割調停が成立しました。

遺産分割調停(申立人側)

 
依頼者と相手方との感情的対立が激しく、遺産分割協議が難航していた事案で、無事、代償金のほか、依頼者の希望されていた有価証券等を取得する形で、調停が成立しました。

預貯金の支払い請求(原告)

金融機関は,相続が発生した場合,相続人全員の実印の押捺と印鑑証明書の提出を求めますが,最高裁の裁判例にしたがって,全員の実印の押捺と印鑑証明書の提出がなくても,法定相続分の支払が認められました。

【その他の家事事件】

親子関係不存在確認と親子関係存在確認が同時に認められた事例

戸籍上、実親でない親の実子となっていた依頼者について、戸籍上の親との親子関係不存在確認の訴えが認められただけでなく、戸籍上他人になっていた実親との親子関係存在確認の訴えも同時に認められました。

親子関係不存在の訴えを権利濫用として排斥した事例

生まれた時から,戸籍上は親子となっていましたが、生物学的には,他人の子どもだった依頼者が、戸籍上の親の実の子から親子関係不存在の訴えを起こされました。依頼者を代理して、権利濫用であるとの反論をした結果、権利濫用の主張が認められ、依頼者の希望どおり、法律上の親子関係が認められました。

【交通事故関連事件】

異議の申し立てをして後遺障害等級が認められた事例

交通事故で被害に遭われた方は,症状固定となった場合,後遺障害等級認定を行います。この場合,非該当,すなわち,後遺障害に該当しないという判断をされることがあります。この時は,異議の手続があり,当事務所で異議を申し立てたところ,後遺障害の認定がされたことがあります。後遺障害等級,非該当の方も一度当事務所に相談に来られてください。

傷害を負ったことに争いがあっても,治療費の一部を和解で認められた事例

交通事故によって,傷害が発生したという主張に対し,その傷害自体の発生は認定しなくても,交通事故nによって医師の治療は受けたことは間違いないとして,治療費の一部が認められました。

後遺障害等級に対する異議

後遺障害等級で非該当の判断がされた場合に,弁護士が関与して異議を申し立て,後遺障害が認められました。

【労災関係事件】

タクシードライバーの労災認定

タクシーの運転手をされていた依頼者が交通事故に遭い,高次脳機能障害が認められ,労災が認定されました。

海外出張中の労働災害

海外出張中の事故に対して労災認定がおり,会社との間でも和解ができました。

【債務整理関連事件】

親族が多額の債務を抱えて死亡した事案

相続放棄できる人は相続放棄の手続を行い、相続放棄できない方については,金融機関と交渉し,債務の額を大幅に減額しました。

【建築紛争関係】

建築瑕疵による損害金の取得

自宅の修補を依頼した業者の工事等がずさんだった事例で,話し合いの上,損害金を取得しました。
弁護士法人 優 
わかば法律事務所
〒850-0033
長崎市万才町2番7号 
松本ビル201
TEL.095-811-7474

───────────────────
弁護業務
───────────────────